不動産投資は老後の資金計画に有利に働きます

不動産投資に関しては、不動産を取得して、賃貸しまして、住居の家賃収入額を得るものになります。
居住用の物件の住居の家賃収入につきましては経済環境などの外部要因にそれほど影響されません。
老後の生活のための資金源としまして、年金という形で利用している人も多いといわれています。
日本国内の公的年金に関しては、老人社会化により財源が不足している状況ですので、厚生年金に関しても負担する保険料額のみ増大し、年金の受給額につきましては減少の流れになると考えられます。
加えて、受給年齢に関しても引き上げられ、年金に向けての不安が高まりっています。
従いまして、今から不動産投資をスタートさせれば、家賃収入で長期的に資産形成できます。
退職した後も余裕あるセカンドライフを享受することが出来るでしょう。
それに加えて、不動産に関しては、現預金と照らし合わせると、相続税計算上の評価そのものが少なくなります。
不動産投資によりまして、現預金を不動産に変更することで、相続税額をセーブする効果を発揮します。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.